2007年12月08日

すまぬ

昨夜、フィーゴの爪が割れていることに気づいた。

ちょうど神経のところの真ん中あたりがパキッ・・・。

血がでてる(初めてのこと)。

散歩後にチェックしたときはなかったと思う。

でも見落としてたのかも・・・・・。

痛がる様子なく普通に歩いて遊んでとしているので様子見。

バイ菌がはいってて大変なことになったらどうしよう・・・

お散歩おあづけになったらどうしよう・・・

と悪いことばかり頭にうかびながら朝一番で病院へ。

しかし心配する私をよそに先生は

「うん、大丈夫。爪が伸びてきて自然に治るから伸びたらカットしてあげてね。」。

パパにも「大丈夫やって言ったやろ。」と言われた。

お散歩も普通にして大丈夫とのことなのでお会計を待ってる間、パパとフィーゴはお散歩へ。

嬉しそうにルンルン♪で病院を出て行くフィーゴ。

なにもなくて本当によかった。


CIMG5941@.JPG


フィーゴは「痛い」って言えないから

いつなったのかとかわかんないとよけいに自分を責めちゃう。

フィーゴのことになるとどうしても神経質になってしまう。

みんなそうだと思うけど、我がブヒは本当にかわいくてかわいくてしょうがない。

そんなかわいいフィーゴになにもなくて本当に本当によかった。





クマるんるん次項有フレンチブルドッグひろば






ニックネーム フィーママ at 18:16| Comment(6) | TrackBack(0) | 病院 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする